■Russula senis (オキナクサハツ)

■ 2012年07月22日 撮影

公園の隅、植え込みの裏側に大群生を作っていました。かなり立派な個体群です。
クサハツに似ていますが、特徴的なキノコなのでまず間違える事はないでしょう。
漢字では「翁臭初」。傘表面の表皮の様子とひび割れ方にかなり特徴が出ます。
雑木林ならごく普通に見る事のできる種で、道路脇のコンクリからも出ます。


■ 2012年07月22日 撮影

傘は褐色。若い時期は傘の表面に脳状の模様、徐々に裂けて写真のように。
平らに開く頃には傘全体にこの褐色の破片が散らばります。これは分かりやすい。


■ 2012年07月22日 撮影

裏側はこんな感じ・。特徴は柄に細点が有る事と、ひだに縁取りが有る事。
この特徴は本種特有の物なので、これを覚えておけば更に間違えません。
またその名の通り不快臭が有るので、臭いを嗅ぐと良く分かるかも。

何となく食えそうですが、味は辛いし臭いし食えたものじゃないです。
オマケに毒キノコですので、ニオイとかそれ以前の問題です。
でも雰囲気が「和」な感じで、個人的には好きなキノコだったり。

■ 2007年07月07日 撮影

始めて発見した近所の公園の苔生した斜面。毎年この場所に大群生を作ります。

■ 2008年07月12日 撮影

これが図鑑に良く描いてある「幼菌時の傘の脳状のシワ」です。
この状態だと美味しそうなんですけどねー。皆さーん、毒キノコですよー。
でもそれなりに臭いので心配は要らない?でも実例も有りますし・・・。

■ 2008年08月31日 撮影

国定公園は何かが違うね!何でだろう?どうしてこんなに傷みが無いの?
生えているキノコは同じで、雨が多いハズなのに、どの個体も低地より綺麗です。
俺的には気温の低さとキノコを食べる小動物が少なさが原因だと思います。
オキナも綺麗に傘の皮膜が破れて、理想的な傘を展開してくれていました。

■ 2009年07月19日 撮影

裏返してみました。汚れている訳ではないのに何か汚らしいですね・・・。
柄には無数の濃色の細点。なめらかな柄を持つクサハツとの違いです。
またひだに褐色の縁取りが入るため、一枚一枚がクッキリ見えます。

■ 2010年09月25日 撮影

開けた場所に数株だけ出ていました。この場所は比較的湿っていました。
他の場所は乾燥していて発生量が少ないので、水の大切さを感じました。
今まで見た中でも特に表皮の張り付き具合が綺麗で、和菓子みたいでした。

■ 2012年07月16日 撮影

今年やたら色んな場所で見た気がします。当たり年かな?嬉しくないけど。


■ 2012年07月16日 撮影

傘が大きく開くと周囲が大きくひび割れる事が多いんですが、これは綺麗でしたね。
ひだの縁取りも確認しやすい良い裏側の写真が取れて満足。柄の細点もクッキリ。