■Sarcodon scabrosus (ケロウジ)

■ 2017年10月14日 撮影

初めて発見したコウタケ属のキノコだったので感動したのを覚えてます。
本種はマツと密接な関係に有り、ここも元はマツタケ山だったそうです。
硬質菌っぽく見えますが、触ってみると市販のキノコのように柔らかいです。
ちなみに「ケロウジ」は漢字で書くと「毛老人」となります。あー確かに。


■ 2017年10月14日 撮影

傘はじょうごのような形に開き、全体的に茶色。表面には大きな鱗片。
これが本来の色でしょうか?傘も厚く、全体的に紫色を帯びているようです。
このササクレ状の鱗片はかなり個体差が有り、ツルッとしたヤツも居ます。


■ 2017年10月14日 撮影

こう見えてもヒダナシタケ類に属し、裏側が針状と言う特徴を持ちます。
また針の一本一本は脆いようで、強く擦ると折れてパラパラと落ちてしまいます。
苦いと聞いたので試しに齧ってみましたが・・・う〜んほのかな苦味ですね。
本属菌は類似種がかなり多く、現在も混同されているものが多そうです。

同属のコウタケが美味なキノコとして有名ですが、本種は残念ながら食不適です。
毒は無いんですが、肉に強い苦みが有り、調理しても消えないので食えません。
ちなみに食べる方も居るそうですね。樹木との関係が深く培地ですら生育しません。

■ 2009年07月05日 撮影

自分でも良く見付けたと思います。傘の径が10cmに達する大きな老菌です。
写真右の斜面上が通路なので傘の上しか見えず、危うく見落とすトコでした。
まぁ右が沢なので慎重に撮影しました。落っこちたくはありませんのでね・・・。
ちなみにここのケロウジは何度か試しましたが、不思議と苦くないです。

■ 2009年07月11日 撮影

そう言えば裏側のアップ載せてませんでした。良い個体が有ったので撮影〜。
一面見事な針状です。ただ一本一本は軟らかいです。触るとポロポロ取れます。
ここのケロウジ、苦くないんですよね〜。調理法によっては食えるような気がする。

■ 2010年07月18日 撮影

今年は中々良い感じにこのフィールドでは発生している模様。
毎年決まって同じ場所に発生するので、撮影が簡単なのは助かります。


■ 2010年07月18日 撮影

裏返してみました。柄にも針が垂れ下がっているのが面白いですね。
傘が不規則なのは良いんですが、傘のヘリに一部針が形成されちゃってます。

■ 2010年09月04日 撮影

大発生!!! 富士山の針葉樹林帯にて撮影しきれないほどの個体を目にしました。
今回の富士登山は長期間の好天に恵まれ・・・いや恵まれず、全体的に不作。
なのに大発生していた種が何種類か有り、本種もその一つ。これが食えればなぁ・・・。


■ 2010年09月04日 撮影

それ以前に驚いたのはその大きさです。写真でも何となく伝わりますよね。
今までは大きくても傘が5〜6cmなんですが、今回は15cmを超えてきます。
明らかに低地で見た物とは別物、って言うか別種?流石は富士山、一味違うぜ。

■ 2010年09月04日 撮影

コチラはやや小さめの個体群。これでも直径が10cm近く有ります。
不思議と傘がキレイに丸く開いている個体が多いような気がします。


■ 2010年09月04日 撮影

折角なので裏返してみました。やはり裏側は針状になっています。傘が厚い?
柄が傘の中心に有るので針が柄にあまり垂生してません。何か色が淡いような。

■ 2010年09月04日 撮影

別に傾斜が有るワケではないです。這いつくばって撮ったら世界が傾いてました。
当然ながら試しました。この個体は綺麗だったので、虫不在を確認してガブリ。
凄まじく苦い。以前低地で噛んだ物はちっとも苦くなかったのに・・・。
しばらくの間は口からヨダレがだらだら出てましたよ。これが本物なのかなぁ。

■ 2010年10月23日 撮影

毎年目にする事になる某フィールドの苦くないケロウジに別種説が浮上です。
と言うのも、この周囲にマツが無いんですよね。これは流石におかしい。
またこの地域の方が「コウタケ」と呼んで食用にしているとの噂も有るようです。

■ 2012年09月15日 撮影

やはり噛んでもあまり苦くない広葉樹林のケロウジさんです。う〜ん謎ですねぇ。
抜くと柄の基部の青さも確認できますし、どう見ても本種なんですけど・・・。

■ 2012年09月21日 撮影

少し古いからでしょうか、表皮が剥がれて綺麗にササクレ立っていました。
こう言う鱗片的な物を見るとコウタケか?と期待してしまうのが何とも・・・。

■ 2012年10月27日 撮影

地味に撮影数が多い本種。別に沢山生えてるってワケでもないのですがね。
ここは登山客しか通らない深い渓谷。ちなみにこの右側は急斜面です。


■ 2012年10月27日 撮影

裏返すと根本が藍色を帯びると言う本種の特徴が良く出てるのが分かりますね。
地元に発生する個体と比べて黄色っぽいようで、大型でもヒョロっとした印象です。
そしてここの個体は超苦いんです。これが本当のケロウジなのかなぁ・・・?

■ 2013年09月23日 撮影

久々にケロウジらしい立派な個体を発見!乾燥気味の湖の湖畔で発見。
結構高い斜面の上に生えていたので掴まりながらプルプル撮影でしたよ。
折り重なるよう出ていて見栄えが良いですね。一瞬マツシシタケかと思った。