■Tricholoma matsutake (マツタケ)

■ 2013年10月05日 撮影

初めて自分の手で発見できました。日本人の遺伝子に組み込まれたキノコです。
秋にアカマツやコメツガの林地上に発生する、秋の風物詩「松茸」です。
富士山へ行った際に地元の方に教えて頂いた場所で見付ける事ができました。
古くから日本人に愛され、様々な文献にその名が登場する事でも有名ですね。
松枯れの病害と薪の使用減少による山の荒廃により劇的に数を減らしました。

ここはコメツガ林。幼菌段階で傘の直径が9cm、高さ20cmも有る超巨大な個体。
俗に「コメツガマツタケ」とも呼ばれる、希少な「幻のマツタケ」です。
アカマツ林の個体よりも遥かに大型化するのが特徴です。もしかして別種?


■ 2013年10月05日 撮影

傘は褐色繊維状であまり知られていませんが湿時強い粘性を持ちます。
この個体はまだ傘が開いていませんが、大きくなると大きく反り返ります。
撮影時顔を近付けているだけであの独特の香りが漂って来ていました。


■ 2013年10月05日 撮影

引き抜いてみるとコケに埋もれて高さは何と20cm。これでも小さいそうです。
ひだは白色で膜質のつばに覆われています。膜質だけど厚みが有ります。
柄はつばより上部が白色、つばより下は傘と同色の繊維状鱗片に覆われます。
柄も湿時はかなり粘性が有りますが、低地の個体には見られないような・・・?
マツタケの柄は基部ほど太まる性質が有るとされていますがこの個体は逆。
やはりアカマツ系とコメツガ系ではかなり性質に差が有るように感じますね。
肉は白色で緻密。柄の中までしっかり詰まっており強い食感が有ります。

極めて高級な食菌であり、その香りは日本人を古くから魅了し続けています。
この特有の臭いはマツタケオールと呼ばれ、人工的に合成もされています。
ただし海外では「軍人の靴下の臭い」とも呼ばれて忌み嫌われています。
学名からも分かるように和食に良く合い、何と言っても炭火焼きは最高です。
炊き込みご飯や土瓶蒸し、お吸い物など使えば全てが高級料理に早変わり。