★Tricholoma ustale (カキシメジ)

■ 2019年11月04日 撮影

初発見は2007年でしたが、発見が遅くて写真に残せる状態ではありませんでした。 それを踏まえて翌2008年に再訪問、擬人化に至りました。 それから10年以上の時を経て同じフィールドで撮影したものをTOP写真に。 秋にアカマツ混じりのミズナラやコナラの雑木林に発生する「柿占地」です。 キシメジ属の一種で、マツタケもこのTricholomaのお仲間だったりします。 その色合いや香りからも美味しそうに見えますが・・・。

本種とされるものには複数種が含まれているようです。 マツシメジニガシメジと呼ばれているものがそうですね。 「松林に出るものは食べられる」とも言われますが、正直区別できません。 なのでここでは「カキシメジ(広義)」として載せようと思います。


■ 2019年11月04日 撮影

成菌は乾燥するとやや暗色で粉を吹いたような外見になります。 傘の周囲に溝線があるものはニガシメジだとされていますが、中間的なのも多くて自信無いです。


■ 2019年11月04日 撮影

傘は栗褐色で幼菌時は特に強い粘性を示します。 ここまで傘が大きく開いても、指で傘の中央部を触るとペトペトしていて粘性の名残は感じます。 最初は傘全体が褐色ですが、傘が大きく開くと周囲の表皮が適度に剥げて溝線が現れます。


■ 2019年11月04日 撮影

意外と特徴的なのが裏側です。幼菌時はひだも柄も白いですが、成熟すると褐色を帯びます。 汚れているワケではないのですが、見た瞬間に「きったねぇ!」って思いますね。


■ 2019年11月04日 撮影

裏側を拡大してみました。このひだを見るとカキシメジだなぁと感じますね。 本種のひだは傷付いた部位が褐色のシミになると言う性質があります。 またこのシミは物理的に傷付かなくても老成によってひだ全体に広がります。


■ 2019年11月04日 撮影

やったことが無かったので真っ二つに切断してみました。 肉は白色ですが褐変性があり、虫食い跡が褐色に変化しています。 本当は柄はやや中空なんですが、虫に食われすぎて大きな穴が空いてしまっています。 肉には苦味があるんですが、虫には好かれるように感じます。 粉臭いのでニオイが虫を寄せるのかな?

本種の通り名は「キノコ食中毒の御三家」。そう、実は毒キノコなんです。 「派手なキノコは毒言う迷信と、その迷信に相応しい見た目も手伝って中毒が後を絶ちません。 猛毒ではないのですが、誤って食すと下痢や嘔吐等を引き起こします。 ちなみに御三家残り2種はキノコ食中毒の帝王ツキヨタケと「名人泣かせ」のクサウラベニタケ。 逆に紛らわしいキノコとしては辛うじてチャナメツムタケがあるくらいでしょうか?似てないですけど。

■ 2008年10月13日 撮影

旧TOP絵、初めて写真に納めた子実体です。ああ、これは美味そうだわ。


■ 2008年10月13日 撮影

裏側です。幼菌なのでひだはまだ白色ですが、後に変化が起こります 個体によって若干差がありますが、柄も栗色を帯びた個体が多いです。 そして驚いたのが凄まじい粘性。もうトロットロですよ。 柄にも粘性が移っていて指で摘むとつるつる滑りました。

■ 2008年10月13日 撮影

えっ・・・何コレ・・・?傘の直径は余裕の10cm超えで去年見たのと全然違う! 傘にはもう粘性は無く粉っぽい質感になり、周囲に溝線らしきものが見られます。 ただ良く見ると条線と言うよりは傘の成長にともない表皮が裂けた模様のようです。 アカゲシメジも疑ったのですが、周囲の子実体は表面の様子が違うようです。


■ 2008年10月13日 撮影

裏返してみると手に感じるズシリとした重み! 本種の最大の特徴である白いひだに時間と共に現れる褐色のシミがちゃんと出てますね。 またマツ林型は苦みはあるが食えるとの説を聞いたので、試しに噛んでみました。 うん、凄まじく苦い。間違いなくマツ林型のようだ。 柄を噛んだのですが中は真っ白で緻密な肉でぎっしり詰まっていました。 これで食えれば食感も良いんでしょうけど・・・。

■ 2007年10月13日 撮影

糸を引くほどの粘性にキノコ臭これは食べちゃう気持ちも分かる。

■ 2007年10月13日 撮影

幼菌と成菌でここまで傘の雰囲気が変わるキノコもあまり思い当たらないですね。 成長すると褐色の表皮が非常に細かく繊維状に裂けてこのようになるようです。 食えはしませんが、非常に「キノコ!」ってキノコなので愛でていますよ。

■ 2010年10月10日 撮影

ずっと良い個体に出会えなかったカキシメジ。この年唯一の遭遇でした。 しかも日陰に小さな個体ばかりの群生。まぁ出会えただけでも良しとしますか。


■ 2010年10月10日 撮影

やっぱ凄まじいぬめりですね。傘と柄の間で粘液が糸を引いちゃってます。 普段はシミだらけのひだですが、この通り若い時はちゃんと白色なんですよね。 ただ褐色のシミの兆候は見られます。この段階でも確認できるのですね。

■ 2010年10月16日 撮影

今年初めて立派な個体に出会えました。やっぱこのサイズは必須ですよねぇ。 にっしても本当に美味しそうに見えますよね。色と言い傘のぬめりと言い。

■ 2012年06月30日 撮影

今まで見たカキはどれも10月とかの秋のキノコ真っ盛りの時期に発生したもの。 まさか6月に見れるとは思っていなかったです。何か最近色々と変ですよねぇ。 それに偶然と言うには相応しくないかなりの個体数の発生が見られましたね。

■ 2012年10月20日 撮影

久々に大満足の群生に出会えました!やっぱり群生は迫力がありますね! ちなみに右上に何か柱が見えてますが、これ公園の歩道のコンクリ脇です。

■ 2013年11月02日 撮影

本種は秋だけじゃなくて初夏にもチョロっと出ますが、やっぱ本番は秋ですね。 見よ!この充実した見た目・・・これは確かに食べたくなるのも頷けますわ。

■ 2013年11月02日 撮影

夕日を浴びるカキシメジの群生。傘に強い粘性でテカっていますね。


■ 2013年11月02日 撮影

裏返してみました。指で引き抜こうとすると柄もぬめってるのが分かります。 試しに噛んでみましたが、やっぱり苦いですね。すぐに味を感じます。

■ 2013年11月16日 撮影

これがいわゆる典型的な広葉樹林型のカキシメジか?粘性が強く傘にひび割れも無い。 今まで見て来た中で図鑑で見る写真と最も近い姿のような気がしますね。 ただ周囲にマツもあるにはあるし、中間的な特徴のものも居るので保留で。

■ 2014年06月29日 撮影

6月に見れた事に驚いていましたが、コイツも梅雨時に出る系なんですね。 春に出る秋のキノコと言うとハツタケやアミタケが思い浮かびますね。 確かにカキシメジもこの2種と発生時期一緒ですね。せっかちさんかな?

■ 2015年11月21日 撮影

ホントTricholomaは丈夫で、比較的遅い時期まで残っていることが多いです。 ぶっとい柄にシミだらけのひだ。本種らしさ前回で撮り甲斐がありますね。 ちなみに傘に粘性があるので落ち葉に表皮が付いて行ってしまいハゲてます。
■図鑑TOPへ戻る