★Tuber sp. (イボセイヨウショウロ)

■ 2017年12月23日 撮影

イヴ前日に京都で行った野郎数人が集まりキノコ観察会、その目標でした。
以前から展示品などで香りは嗅いでいましたが、自然な姿が見たかった!
晩秋〜冬にかけて公園などの撹乱地のブナ科樹木の樹下に発生します。
海外で黒トリュフと呼ばれている子嚢菌類の仲間の「疣西洋松露」です。
近縁種とは言え世界三大珍味と同じ香りを持つ種が日本に存在します!

以前は「T. indicum」とされていましたが、国内産は複数種存在することが判明。
しかもそれらが肉眼的な特徴で判別できないため、この和名はあくまでも広義。
よって当サイトでは現状最も適しているであろう「sp.」表記で掲載しました。
外見や胞子の特徴から「地下生菌識別図鑑」の「T. sp6」に近いと思われます。


■ 2017年12月23日 撮影

発見はいち早く地下生菌にハマったガガンボさん。経験の差を感じました。
カシの葉を熊手でどけるとそこには本種の特徴的な外皮がお目見えしました。
本種は地下生菌としては珍しく地表に露出するので発見は比較的楽です。


■ 2017年12月23日 撮影

子実体表面は黒褐色で表面は一面ピラミッド形のいぼに覆われています。
ちなみにまだ地中に有る幼菌時は色ムラの有る美しい赤褐色をしています。
これが和名の由来ですね。何か調理器具の肉叩きのあの凹凸面みたいな感じ。

トリュフと言うとどんな香りだろう?と期待に胸膨らませる方は多いでしょう。
夢を壊すようですが黒トリュフの香りは完全に「ごは◯ですよ!」です。
まさかと思われるかも知れませんが、海苔の佃煮としか思えませんね。
白トリュフはニンニク臭と表現されるので、方向性が全く異なりますね。

言わずと知れた高級食材。香りは本家「T. melanosporum」にも劣りません。
ただし味と食感は全くもってダメで、むしろ香りしか価値は無いでしょう。
利用法としては成熟した子実体を薄くスライスするか細かくすりおろします。
炒め物やパスタなど調理後のものに少量パラパラと振りかけるだけでOKです。
個人的にはジャーマンポテトが美味しかったです。ベーコンが美味い!

■ 2017年12月23日 撮影

すぐ近くにもう1株有りました。コチラもガガさん発見。間違いなく本日のMVP。


■ 2017年12月23日 撮影

無事2株見付かったので片方をスライスしました。想像以上に硬く力が要ります。
そう、この特徴的な断面を見るために探したと言っても過言じゃないですね。


■ 2017年12月23日 撮影

断面は黒色を下地として白色の筋が不規則に入った大理石模様になります。
パスタの上などに乗っているスライスがまさにこんな模様をシていますよね?
この複雑な構造は椀形の子嚢菌類の子嚢盤が折りたたまれた進化の先です。


■ 2017年12月23日 撮影

数は出なかったので薄くスライスした一片を持ち帰り黒バック撮影しました。
感じ的には椀形子嚢菌類をグシャッと手の中で丸めたらこうなった的な感じ。
ウツロイモタケ(青木仮称)なんかがその中間的な姿と言われていますね。


■ 2017年12月23日 撮影

ホント芸術的な模様してますね。黒い部分に子嚢が形成されています。


■ 2017年12月23日 撮影

Canon製の「MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト」を用いて断面撮影。
撮影時は気付きませんでしたが、写真整理の段になって気が付きました。
何と胞子の入った子嚢が見えるではないですか!これはビックリです!
地下生菌は全体的に胞子が大型ですが、にしてもここまで見えるとは・・・。


■ 2017年12月23日 撮影

本種の胞子はスライドガラスに断面を押し当ててもあまり採れません。
なのでカミソリなどの鋭利なもので断面をガリガリ掻いて採取します。
黒い楕円形の粒が本種の子嚢胞子、それを包む丸い袋が子嚢です。
子嚢内部の子嚢胞子の数は1〜5個の間で変動し一定ではありません。


■ 2017年12月23日 撮影

胞子は黒褐色の楕円形。表面にトゲが有る非常に特徴的な姿です。
本家欧州の黒トリュフは網目模様が有るので全く形状が異なりますね。
アジア産の黒トリュフはイボセイヨウショウロ寄りでトゲを持ちます。
なので「トリュフ入り〜」と言う商品を検鏡すれば産地が絞れますよ。
■図鑑TOPへ戻る