■Turbinellus floccosus (ウスタケ)

■ 2014年08月30日 撮影

モミの林を歩いていて発見。傘?が赤いので森の中でも良く目立ちます。
和名は形状そのまんま。餅を搗く時に使う「うす(臼)」に似ている「臼茸」。
何度も見てるのですが毎度状態が悪く、やっと綺麗な子実体に出会えました。
初見は大台ヶ原のウラジロモミ林、この写真撮影地は富士山と亜高山帯です。


■ 2014年08月30日 撮影

これを傘と言って良いのかどうか分かりませんが、傘を拡大してみました。
本種は和名の通り中央部が大きく窪み、本当に臼のような形状になっています。
内部はデコボコしていて色は黄色の地肌に赤い鱗片を敷き詰め、とても綺麗!


■ 2014年08月30日 撮影

横から見てみました。見事な逆三角形で柄にしわひだが大きく垂生します。
このシワの部分がハラタケ類で言う「ひだ」。胞子が形成される場所です。

以前は食べられると言われていましたが、近年では毒キノコとして扱うのが常識。
毒成分はノルカペラチン酸。胃腸系だけではなく神経系にも作用します。
比較的流出しやすく、茹でこぼせば食べられるとの説も有りますが、慎重に・・・。

■ 2012年09月02日 撮影

図鑑でしか知らなかったんですが、これが亜高山帯の大型タイプってヤツです。
正直色も黄色いし高さは20cm近く有るし、ぶっちゃけ同一種とは思えません。
それでもまだ小さい方で、大きい物では40cmに達すると言うから信じられん。
■図鑑TOPへ戻る