■Tylopilus sp. (ミカワクロアミアシイグチ)

■ 2012年09月02日 撮影

手持ちの図鑑で本種を掲載しているのは1冊のみ。出会えるとは思わなかった!
和名は「三河黒網足猪口」。本州の一部地域からしか発見されていない珍種です。
雑木林のヒサカキの樹下に発生すると言う特殊な発生条件を持っています。
発見から時間が経っていないため、いまだに種小名が決定していなかったり。


■ 2012年09月02日 撮影

傘の表面は暗紫褐色のフェルト状で、乾燥すると細かくひび割れます。
ただこの様に傘が黒いイグチは何種類か有るので、注目すべきは裏側です。


■ 2012年09月02日 撮影

裏側です。管孔はねずみ色で時間が経つとこのような淡小豆色になります。
また肉の変色性が強く、管孔は指で擦ると瞬時に赤変、その後真っ黒になります。
柄は下方に太まり、表面には傘と同色の顕著な網目。ただし上部は白くなります。
また本種最大の特徴はこの柄の網目。写真では分かりにくいので拡大してみます。


■ 2012年09月02日 撮影

分かりますか?明らかに一般的なイグチの柄の網目と雰囲気が違ってますよね。
実は本種では二重の網目になっているのです。だから黒く見えるんですね。
正確には二重と言うか網目の中に更に網目が有る、奥行きが有るって感じですね。

勿体振りません。なんと本種はイグチ科の中でも数少ないの猛毒菌の一つです。
毒成分は2002年に初めて単離に成功した新規物質のボレチンとイミン化合物。
マウスに対して急性毒性が有り、本科としては珍しい神経系中毒を起こします。
注意すべきは本種は発見されて間が無いため知名度が低すぎると言う事ですね。
今でも「イグチに毒無し」迷信を信じている人が居ない事を祈るばかりです。

■ 2012年09月02日 撮影

コチラは幼菌です。傘は見事に真ん丸。この色合は本当に独特ですねぇ・・・。
周囲には20株近くの個体が確認でき、古いものは真っ黒なシミになっていました。

■ 2012年09月02日 撮影

これは流石にテンションが上がりましたね。まさか近所にこんなに出ているとは!
本種の和名「三河」はその名の通り初発見が愛知県だった事に由来しています。
以降発見例は多数有るのですが、今の所近畿の2県でしか見付かっていない模様。
貴重なキノコが身近で見られる事に感謝ですね・・・。まぁ猛毒菌なんですけど

■ 2016年09月10日 撮影

何気に久し振りの再会となりました。前回とは違う場所にての発見でした。
ただ今回は若干古く、傘の表面も裏側も痛みが激しかったのが残念ですね。


■ 2016年09月10日 撮影

裏返してみると管孔部の特徴的なあずき色は健在。でも傷んでるー!


■ 2016年09月10日 撮影

柄を拡大してみました。二重の網目、やっぱり分かりにくいですよねぇ。
と言うのもこのような網目を持つ種は他にも有る気がしているんですよね。
同属のモエギアミアシイグチもこんな感じですし。唯一無二ではないかな。