★Tylopilus sp (ミヤマミドリニガイグチ)

■ 2017年08月12日 撮影

もろぞーさんとのオフにて出会いました。最初は名前に検討も付かず。
何となくミドリニガイグチに近縁だなと感じ調べてみるとビンゴでした。
コメツガやトウヒなどの亜高山帯針葉樹に発生する「深山緑苦猪口」です。
ミドリニガイグチの2Pカラーのような種ですが、その色合いが素晴らしい!

以前から存在自体は知られていましたが、実はまだ種小名未決定です。


■ 2017年08月12日 撮影

傘は無印と同じでフェルト状。しかし色がオリーブ黄色って言うかほぼ黄色
言われてみればちょっと緑色っぽいかな?と思える程度でマジ黄色寄り。
しかし視覚的に言えば彩度が高いため、森の中で異常に浮いて見えます。


■ 2017年08月12日 撮影

裏返です。管孔が反り返るように傘を押し上げている感じは実にニガイグチ。
管孔は淡紅色で変色性は無し。管孔の色合いは無印に良く似ていますね。
ただ違うのは柄で、上から下まで非常に明るいオリーブ黄色で華やかです。
無印は柄の中程に赤みが差すことが多いですが、本種は統一感が有ります。

ミドリニガイグチに近縁であるならば、まぁ間違い無く食不適でしょうね・・・。
基本ニガイグチ属菌は食べれないと考えておいた方が無難な気がしてます。
無印同様に苦くはないようですが、食した方によると「味が悪い」そうです。

■ 2017年08月12日 撮影

美しい色も老成してしまうとこのようにからし色になっちゃいます。

■ 2017年08月12日 撮影

本種は若い時の方が傘の色が濃く、緑色っぽく見えるのは幼菌の方です。
それでもやっぱ無印の幼菌のあの緑色と比べれば圧倒的に黄色に近いですね。

■ 2017年08月12日 撮影

本種は何と言っても柄の色が綺麗なので、見上げるように撮ると映えますね。
ただTylopilus属の定めと言うか、管孔に締まりが無いので力が抜けます。
緑色の多い背景に赤が映えると思っていましたが、黄色も乙なモンですね。

■ 2017年08月12日 撮影

この日のベストショット。あまりにも可愛くて撮影に長時間奮闘しました。
先を急ぎたいもろぞーさんには申し訳ありませんが、可愛いんだもん。
個人的にどハマりしたキノコなので、また良い写真にチャレンジしたい!
■図鑑TOPへ戻る