■Urnula craterium (エツキクロコップタケ)

■ 2009年04月05日 撮影

見た瞬間思考が止まりましたね。「・・・えっ」と言うリアクションしてしまった。
こう言うタイプのキノコに出会ったのは初めてです。和名「柄付黒コップ茸」。
これ以上相応しい名前も無いでしょうね。エツキクロコップタケ属と言う小さな属です。


■ 2009年04月05日 撮影

奥の個体を拡大しました。まず目に付くのはその色。全体的に真っ黒です。
また子実体の外側には暗褐色の毛状菌糸がまるで模様のように分散します。
このコップの内部で胞子が作られます。何とも文章で表現しにくいキノコです。
同じ子嚢菌類であるチャワンタケの下に柄ができた、とでも思って頂ければ。


■ 2009年04月05日 撮影

図鑑によると柄は2cmまで、とありますが、柄だけで4cm超えてます。。長っ!
どうしてこんな形状に進化したんでしょうか?遺伝子と言うのは不思議なモノです。

言うまでも無いでしょうが食不適です。いや、「食用価値無し」になるのかな?
あまり見かけない種ですが、食べるのには適しません。肉は軟らかいんですけどねぇ。
と言うかこれを食べようと思うのは相当勇気が要る事かと・・・。見た目的にねぇ。
■図鑑TOPへ戻る