Chalcophanite/カルコファン石
(Zn,Fe2+,Mn2+)Mn4+3O7・3H2O


20100127 Ojuela Mine, Mapimi, Durango, Mexico

まるでラメのような金属光沢を見せるマンガンの酸化鉱物「カルコファン石」です。
亜鉛とマンガンの鉱床に見られ、母岩の表面に細かな結晶を密集させます。
大型の結晶にはならず、ルーペで楽しむ鉱物ですが、遠目でも美しいです。
原産地は珪亜鉛鉱で有名なフランクリンですが、オハエラ鉱山も優秀な産地です。


20100127 Ojuela Mine, Mapimi, Durango, Mexico

一応結晶面は見えるのですが、あまりに微細なためこのように見えます。
母岩が光沢の無い褐鉄鉱であるため、一際本鉱が引き立つ標本です。