Cyanotrichite/青針銅鉱
Cu4Al2(SO4,CO3)(OH)12・2H2O


20100129 Grand View Mine, Cape Royal, Grandview, Coconino Co., Arizona, U.S.A.

ずっと欲しかったのですが、中々手が出ませんでした。理由は簡単。高価なのです。
和名「青針銅鉱」。その名の通りの青い針のような銅鉱物です。そのままですね。
その美しさから非常に需要が高く、お値段も一ランク上。マニア向けでしょうね。
母岩が崩れやすいので設置は困難でした。端が少し欠けたけど気にしません。
高価である理由としては、美しい標本の産地が少ないと言う事も有るのでしょう。


20100129 Grand View Mine, Cape Royal, Grandview, Coconino Co., Arizona, U.S.A.

拡大してみると、極めて細い結晶が放射状に広がり、球形のように見えます。
しかしこれは球体ではなく、触れば砕け散るベルベット状の結晶の集合体です。
球体一つ一つは大きくならず、大きくても直径1.5mm有れば大きい方でしょう。


20100129 Grand View Mine, Cape Royal, Grandview, Coconino Co., Arizona, U.S.A.

母岩の隙間にもビッシリと本鉱が生えています。美しい原色の青ですね。
その他の銅鉱物と共に産する事が多く、標本の見た目も美しいです。