Gypsum/石膏
CaSO4・2H2O


20100204 Naica, Municipal de Saucillo, Chihuahua, Mexico

様々な結晶形態が存在するため、「石膏」と言う一群として紹介します。
石膏と言えば工作で使用する白い粉末。硫酸カルシウムの二水和物の事です。
あまり石に詳しくない方でもこの名前には聞き覚えが有る方も多いでしょう。

とても信じられませんが、これも石膏の一形態。「透石膏(Selenite)」です。
無色透明の石膏の結晶を「セレナイト」と呼びます。息を飲む美しさですね。
近年有名になったメキシコ・チワワの結晶洞窟を構成するのも本鉱の巨大結晶。
洞窟の名前は「Naica Caves」。そう、この標本の産地もあのナイカ鉱山です。
ただナイカ鉱山も広く、この結晶はまた別の場所で採取された物のようです。


20100204 Naica, Municipal de Saucillo, Chihuahua, Mexico

拡大してみました。黄色い部分は方解石です。恐ろしい透明度ですね。
結晶のシェイプもきちんと保っているナイカ産らしい素晴らしい標本です。
ちなみに結晶の長さは驚きの10cm。ずしりと手に来る重量感も良いですね。
産地によってかなり形状に差が有る鉱物なので、集めてみても面白いです。


20100204 Juarez, Mexico

「砂漠の薔薇」と呼ばれる乾燥地帯に見られる美しい鉱物の総称です。
実は砂漠の薔薇の正体は板状に成長した石膏が砂を巻き込んだ物なのです。
砂漠の薔薇は人間の生活に馴染み深い成分で出来ていたと言うわけです。
水分が蒸発した跡などで発見される、そこに水が存在した証拠なのです。


20100204 Juarez, Mexico

少し拡大してみました。見事な形状ですね。惚れ惚れします。
なぜこのような形状になるのか、メカニズムは未解明だそうです。
美しいのですが、衝撃を与えると砂が落ちるので困ります・・・。


20100204 Juarez, Mexico

さらに拡大してみました。分かりますか?実は驚く事に透明感が有るのです。
ちなみに結晶化した石膏には蛍光性があり、この標本も黄色に蛍光します。
砂漠の薔薇にはこの「石膏タイプ」とは別に「重晶石タイプ」が有ります。
重晶石タイプはより「花びら」に厚みが有り、肉眼での区別は容易と思われます。
ただ私は個人的に透明感が有って花びらの薄い石膏タイプがお気に入りですね。
あとお手頃なのも魅力。この標本も幅10cmオーバーで2000円切ってきます。


20100204 Lake Charm, Victoria, Australia

美しい大型のセレナイト標本を入手しました。幅が10cmを超える大型標本です。
やや黄色っぽいですが、透明な結晶がまるで花のように広がっています。
緑やオレンジ色の物はこのように放射状に広がる事が多い鉱物ですが・・・。


20100204 Lake Charm, Victoria, Australia

花と言うかまるで雪のようですね。一つ一つは小さくても透明度は高いです。
無色透明の石膏は大型化したりする事が多く、このような標本は珍しいです。
光に当てると結晶の透明感と表面の反射が美しく、本当に良い買い物でした。
無色のため、残念ながら蛍光性は有りませんが、見応えは充分ですね。