Leucophanite/レウコフェーナイト
(Na,Ca)2BeSi2(O,OH,F)7


20101001 Mont Saint-Hilaire, Quebec, Canada

「リューコフェーナイト」や「ルコフェーナイト」等、呼び名は様々。
一応ラテン語のニュアンスで「レウコフェーナイト」として掲載します。
呼び名が不安定なのは知名度の低さ、情報量の少なさが原因でしょう。
本鉱は黄緑色の透明感の有る結晶で、大型結晶を作らない鉱物です。
母岩はリチア雲母(種類不明)で、手前の赤い結晶はセラン石です。
大型結晶にはなりませんが、面白い特徴が有り楽しめる鉱物だと思います。


20101001 Mont Saint-Hilaire, Quebec, Canada

拡大すると宝石のような透明感の有る美しい黄緑色の結晶が良く見えます。
周囲に黒色柱状のエジリンの結晶が見られ、一部インクルージョンしています。
結晶の大きさは全て1cm以下と非常に小さく、ルーペ必須の鉱物でしょう。


20101001 Mont Saint-Hilaire, Quebec, Canada

本鉱最大の魅力は蛍光性です。短波長波共にピンク色に蛍光します。
長波の方が良く光りますが、余計な光が少ないので短波照射で撮影しました。
ただ短波紫外線だとあまり強く光らないため、長時間露光で撮影しました。
緑色系の鉱物が赤色系の蛍光を発するのは意外性が有って好きですね。