Pharmacosiderite/毒鉄鉱
KFe3+4(AsO4)3(OH)4・6-7H2O


20100301 Majuba Hill Mine, Antelope District, Pershing Co., Nevada, U.S.A.

我が国でも美しい結晶が産出する事も有る微細な鉱物「毒鉄鉱」です。
「毒」の文字が有るのは組成に有毒な砒素を含んでいる事に由来します。
しかし実際には本鉱は水に溶けにくく、毒性はあまり高くはありません。
鑑賞に耐える標本の流通が稀のため、やや知名度が低い鉱物と言えます。


20100301 Majuba Hill Mine, Antelope District, Pershing Co., Nevada, U.S.A.

拡大してみたのですが・・・これでは全く分かりませんね。
辛うじて光の反射が四角形に見えるくらいでしょうか。


20100301 Majuba Hill Mine, Antelope District, Pershing Co., Nevada, U.S.A.

更に拡大してみました。実際の画像幅は約5mmしか有りません。
毒鉄鉱の観賞価値が低い理由、それは結晶の小ささに有ります。
美しい六面体結晶を作り、色も美しい緑色なのですが小さいのです。
大きくても一辺が2mm有るか無いか。ルーペが必須の鉱物ですね。


20100430 Majuba Hill Mine, Antelope District, Pershing Co., Nevada, U.S.A.

新たな標本を入手しました。標本自体は小型ですが結晶は大きいです。
と言っても結晶の形状をはっきりと認識するにはルーペは必須ですね。


20100430 Majuba Hill Mine, Antelope District, Pershing Co., Nevada, U.S.A.

今度は結晶が比較的大きいので六面体構造と透き通った感じが写真でも分かります。
結晶面の反射を見れば肉眼でも一面が綺麗な四角形なのが十分に確認可能です。
最も大きい結晶で1辺が1mm程度。これでも本鉱としては大きい結晶と思われます。