Philipsburgite/フィリップスバーグ石
(Cu,Zn)6(AsO4)2(OH)6・H2O


20100130 Black Pine Mine, Flint Creek Valley, Granite County, Montana, U.S.A.

「レアミネラル」と呼ばれる稀産鉱物の一種「フィリップスバーグ石」です。
世界的にも産出が少ないため、美しい標本はなおさら少ないです。
本来は深緑色の柱状結晶の集合体として産出する美しい鉱物です。
美しいとは言え一応ヒ素を含む鉱物ですので、取り扱いは慎重に・・・。


20100130 Black Pine Mine, Flint Creek Valley, Granite County, Montana, U.S.A.

正面の結晶群です。銅を含むため緑色です。結晶と言うよりは球状です。
微細な結晶が放射状に広がったため、このような形状になります。
透明感が有る美しい鉱物なのですが、標本の多くは不透明のようです。
一見するとやや青みがかった孔雀石のようにも見えますね。


20100130 Black Pine Mine, Flint Creek Valley, Granite County, Montana, U.S.A.

透明度を持つ標本はあまり見かけませんね。まるで液体のようです。
これは表面の不透明な層が剥がれて内部の透明部分が露出した物。
結晶面が見られる標本が欲しいですね。レア度もお値段も凄いでしょうが。