Rutile/金紅石
TiO2


20100130 Kipishi Mine, Katanga, Dem. Republic of Congo

「ルチル」の方が有名でしょうか?「金紅石」は聞き慣れませんね・・・。
良く水晶の中に入っている金色の針のような物こそ、このルチルなのです。
化学式を見れば一目瞭然、「二酸化チタン」。要するに錆びたチタンです。
本来繊維状結晶で産出する事が多い鉱物ですが、このように結晶化もします。
透明感は有るのですが、表面の光沢が強すぎるために金属光沢に見えます。


20100130 Kipishi Mine, Katanga, Dem. Republic of Congo

拡大するとこのような状態。大きな結晶は欠損は有れど1cmに達します。
元々あまり大型結晶を作らない鉱物ですので、この大きさでも満足かと。
母岩が石英で白いので、赤黒い色合いが余計に映えますね。


20100130 Kipishi Mine, Katanga, Dem. Republic of Congo

赤銅鉱ほどではないですが、白熱電球を当てると鮮やかな赤色が透けて見えます。
これが「金紅石」と呼ばれる所以ですね。魅力的な酸化鉱物だと思います。