Sklodowskite/スクロドフスカ石
(H3O)2Mg(UO2)2(SiO4)2・4H2O


20100130 Musonoi Mine, Kolwezi, Katanga Copper Crescent, Katanga, Congo

「スクロドフスカ」は放射線研究で有名なあのキュリー婦人の旧姓です。
その由来が表すように、本鉱は組成にウランを含む放射性鉱物の一種です。
しかも燐灰ウラン鉱などと比べるとやや強放射性の部類に入るようです。
保管は慎重に行うべきであり、当方でも金属ケースに入れて保管しています。


20100130 Musonoi Mine, Kolwezi, Katanga Copper Crescent, Katanga, Congo

拡大してみました。晶洞の中に詰まった黄色い結晶がスクロドフスカ石です。
本鉱の結晶は針状で放射状に広がるため、結晶の形状が美しい事で有名です。
完全に詰まってしまっていますが、良く見ると放射状に広がった形跡が有ります。
中央の緑色の部分は同じく放射性鉱物の銅スクロドフスカ石になった部分です。
奥まで詰まっていると考えると、相当量の放射線が出ているのでしょうね・・・。