aty


服が邪魔〜♪


□■menu■□

 ............... 自己紹介、サイト概要、連絡先等
 ............... リンクサイト、ブログ様

 ............... oso的キノコ写真図鑑
 ............... oso的キノコ擬人化図鑑

 ............... oso's Mineral Collection(旧)
 ............... oso's Mineral Collection(新)
 ............... 実況動画、東方リプレイ、Minecraftデータ

 ............... (外部) osoのpixivページ
 ............... (外部) osoのtwitter
 ............... Web拍手、コメント送信


□■gallery■□



■pixel■
blank blank blank blank blank blank トリックアート (フラン) 箱ドット・ヴィロサ 怨霊も恐れ怯む少女 MY FAVORITE MUGEN CATALOG (100) 聖 白蓮 白黒スタイリッシュ
西行寺 幽々子 博麗 霊夢 古明地 こいし 鍵山 雛 四季映姫・ヤマザナドゥ & 小野塚 小町 Trick Art =Hong Meirin= メデューサとクロナ FAMILY MUSIC DTB Clitocybe acromelalga Pixel Amanita volvata Pixel Amanita fuliginea Pixel Amanita verna Pixel
Amanita phalloides Pixel Amanita virosa Pixel STREET FAMILY MUSIC GULLEN LAGANN 電子レンジと犬 アヌビス & ファラオさん 百目さん マルチアーノ 2007カレンダー ローゼン3 筆箱四天王 FAMILY MUSIC ROZEN MAIDEN ピャ!
■color■
blank blank blank blank blank blank blank blank blank 空母おばさん 深海の令嬢 Balaeniceps rex
Air Defense Princess 煉獄の蝶 着物姿の似合うお艦 アホウドリの楽園 陸姫姉妹+α 空母ヲ級 Amanita phalloides 山鳥 眞白 |/<>1_[|->_ 「円蛇の篇 - 蛇祖」と「LEVIATHAN」 Ovis aries 天帝絶の貴重な産卵後
ハマクサギタマゴタケ擬人化 Amethysta 鬼ミノリコ 憲兵番長 FOW(ボロボロの霊となった女性) 神速の天帝 Evchaea evolutio Ninnniku 二ッ岩 マミゾウ Amanita fuliginea ギザ歯 INFINITY MIZUCHINION MUGEN脳内夢の集合絵
看板 風見 幽香 Amanita muscaria 勇魚 DDBY 秘封物語 地獄極楽メルトダウン Aura 2nd Revival Arcana X. V. Tearbloom Papaver somniferum ANOTHER BLOOD 封獣 ぬえ 霊烏路 空
X'mas virosa おぽんぽんもみもみ Omphalotus guepiniformis 松林 初 TH11 Phantasm 『Kawashiro Mitori』 東方星蓮船 〜 Undefined Fantastic Object. タオカカ Gustab Munchausen Amanita fuliginea Hongo Aura (MUGEN) UTSUHO REIUZI (HARD) オゾいさん
地獄の人工太陽+ボカシ 地獄のラブリービジター Fire! Amanita pantherina JOKER 星熊 勇儀 Patchouli Knowledge 水楢 舞 伊吹 萃香 犬走 椛 夏文 オリ
Amanita一族(猛毒群+α) Amanita fuliginea Hongo COLORFUL VISTA 黄色 Amanita volvata バナー達 ヤバいさん(SD) Mr.Phantom 歴代TOP絵 ふたばカッ ※ローゼンですが無害です 水銀燈
■analogue■
blank blank blank blank blank blank blank blank 西行寺 幽々子 (仏事用) 古明地 こいし 山坂と湖の権化 そーなのかー
■monochro■
blank blank blank blank そしてコタツで丸くなる 看詰2の静峰月夜嬢 MOJI KOISHI 神出鬼没の怪人 ティキ 藤原 妹紅 銀 禁魔法律家 トーマス サイト初投稿絵

■pixiv■



■Announce■

重大告知!!!
前作、書籍版「oso的キノコ擬人化図鑑」に続き
増補改訂「新版 oso的キノコ擬人化図鑑」を
双葉社様より出版させて頂くことになりました。
全国書店他、ネットでも注文可能です。

双葉様 本紹介ページ (取扱店舗リンク集有)
Amazon様 通販ページ


■「Force of Will」に1枚描かせて頂きました。
http://fow-tcg.com/

■「よくわかる日本のキノコ図鑑」に写真提供させて頂きました。
□ユニバーサル・パブリシング(株)様 http://www.u-publishing.com/
Amazon様 通販ページ

C24aLAL制作委員会」様、例大祭新譜ジャケ絵を描かせて頂きました。
http://www.l-a-l.net/
東方風神録アレンジアルバム後編「円蛇の篇 - 蛇祖」- 西方風来


■Diary■

■柿見れば菌が出るなり・・・
[23:05 2018/01/23]
□Update...[Kinoko]更新 & [Personification]更新

2017年11月4日のオフレポです。

早く載せたかったんですが、写真整理をサボったせいでこんな時期になっちゃいました。 珍しいキノコのオンパレードだったので早く自慢したかったのに・・・ホントごめんなさい。 擬人化とも同時掲載したかったので、凄くスッキリしました。んでは行きます!


08:30。

私は早朝から山の中にいました。この日はアメジストの詐欺師氏とのオフの予定なのです。 アメさんから珍しいキノコを案内して頂けることになり、居てもたってもいられなくて家を飛び出していました。 この日は昼からの日程なので午前中は空いており、せっかくなので地元で狩りをしてから現地に向かうことにしました。

もう晩秋ですがキノコは結構頑張っており、マメホコリやシュイロクチキタンポタケを発見。 いや何でお前居るのって感じの冬虫夏草も居ましたが、それはまぁ置いといて午前中の目的地へと向かいます。

やって来たのはとあるカシ林。 実は昨年gajin氏がとある場所でとある地下生菌を発見しており、それに似た環境に目星をつけていたのです。 似た植生の場所を探せば出会えるのではないか。そう考えて熊手片手に落ち葉をガサガサと掻き始めました。



開始数秒で出た。

正直こんなにアッサリ出るとは思いませんでした。愛らしい地下生菌のウスベニタマタケです。 採集品を見せて頂いた時からずっと見付けたいと思っていたので嬉しかったですね。 冬虫夏草もそうですが、環境を体で覚えておくってのは重要だと思います。 ほんのりと赤みを帯びた丸い子実体が実にキュート♪こう見えてイグチの仲間です。

その後も新たな子実体を探して地面を掻いていました。



2mmの子実体を見逃しませんでした。褒めて。まさかのタマハジキタケでビックリ! もっと大きいキノコだと思っていたので、あまりの小ささに違った驚きが有りましたよ。 中央の粘球体を撃ち出して胞子を拡散するユニークなキノコです。

その後ツチダンゴなどが見付かったところでタイムリミット。ここでハッと思い付いてとある方に連絡。 それは京都に行った際にいつもお世話になっている青fungi氏。 実はオフ開始時刻までにまだ時間が有るので、以前きのこ展の時に行った氏のフィールドへアメさんと立ち寄って良いか確認しようと思ったのです。 他の方の狩場に勝手に入るのはマナー違反ですからね。青fungiさんは快くOKして下さいました。

するとすぐに青さんからまた返信が来ました。

青「そのオフ、混ぜてもらって良いですか?」

oso「いいですとも!!!」

生物屋のフットワークの軽さをナメてはいけない。行けるなら行く。これね。 分かってるんです。この手のオフはどんどん規模が大きく、レベルが高くなって行く運命なんです。

12:30。

京都駅で青さんを拾い、一路アメさんが待つ奈良県のフィールドへ。 そこで目的のブツを観察後、京都のフィールドへ戻って地下生菌を探すという段取りとなりました。 まぁ結論から書くと1ヶ所目が凄すぎて2ヶ所目には行けなかったんですけどね。

14:45。

すっごい遅くなりました。時間が圧してしまいましたが無事集合場所に到着です。 ここで主催者のアメさんと同行者でありアメさんの先輩であるT氏と合流。4人でのそこそこのオフとなりました。 簡単に挨拶を済ませ、目的の場所へ。やって来たのは実が鈴生りになったヤマガキの樹下。 そう、この日のメインターゲットはアイツです。



やっとフィールドで見ることができましたカキノミタケ!Hibagon氏も以前どハマりしてたそうです。 マンナンを好み、カキの種子に感染してその年に落ちた実からも発生してしまうと言う貪欲なアナモルフ菌類。 カキの樹下を探せば有るわ有るわ。目が慣れてくると隠れた子実体をどんどん見付けられました。



図鑑で見慣れた果実内部の種子から出た姿も見ることができました。分生子観察用の採取もOK。 このフィールドでは過去に有性世代も発生が確認されているのですが、この日は残念ながら発見できませんでした。

これで本来の目的は達成されたのですが、ここで終わらなかった。



何やらササ林でアメさんとTさんが騒いでいるなと思ったらモエギタケが出ていた模様。 しかも自分も見たことが無い青緑系の子実体ではないか!今まで黄緑系しか見ていなかったので大興奮! 天気も悪くかなり撮影は大変でしたが、美しい姿を写真に納めることができました。これは美しい!



でも4人を最も虜にしたのはニクアツベニサラタケだったのかも知れません。 フィールドの歩道沿いに凄まじい数の発生が見られたのですが、その色とサイズに一同唖然。 自分も近縁種のウスミベニサラタケは見ていましたが、流石に10cmサイズの子嚢菌類は衝撃ですよ。 特に子嚢菌類大好きアメさんは大興奮でしたね。

16:00。

時間切れです。この日は夜に地元の友人と焼肉の予定だったので、そろそろ帰らねばなりません。 本当は京都へ戻ってイボセイヨウショウロを探す算段でしたが、流石に今からじゃ無理です。 アメさんTさんにお別れの挨拶をし、青fungiさんを京都駅まで送ってオフはお開きとなりました。 特にTさんは青さんと距離的に会いやすかったので、オフの約束をしてのお別れとなりました。 アメジストの詐欺師さん、Tさん、青fungiさん・・・。

ありがとうございました!!!

地元に戻ったら焼肉屋に直行。友人二人と個人的な祝勝会を行いました。 帰宅後は分生子をチェック。調べに調べてオフ完全終了となりました。


絵の話題。



と言う事で120人目はずっと描きたかった地下生菌。

自力発見できた記念に「Turmalinea persicina (ウスベニタマタケ)」擬人化の「薄紅 玉美」ちゃんです。 ショウロ、ウツロイモタケ(青木仮称)に続いて3人目の地下生菌擬人化です。 デザイン自体は11月の段階でできてたんですが、オフレポに合わせたかったんです。

デザインは安直にタマだからネコですが、それよりも猫はコタツで丸くなるってのが元ネタです。 この場合のネコはウスベニタマタケ、コタツはシイの落葉をイメージしています。丸いですからね。 同じくネコ絡みのニカワハリタケ擬人化のゼラちんと比べるとなんちゃってネコです。 黄色いオバケってのは地下生菌探しを経験した方にしか分からないかも?



■土曜日は狩りの日
[19:06 2018/01/21]
□Update...[Kinoko]更新 & [Stone]更新

まずは艦これの話題。



来ましたね、改二。二人共メンテ段階で村雨ちゃんLv.60、龍田んLv.62でした。 でも何としても改二が見たくてリランカ高速レベリング編成を組みました。 結果、平日深夜帰宅2日のレベリングで二人共改造レベルまで持って行きました。やったぜ。

やはりリランカは神。

新規追加任務も無事終了。二人には改めて遠征レベリング編成に入ってもらいました。 現在は全艦娘Lv.60計画を実施中なので、ジワジワと皆の平均レベルを上げております。 すぐに天龍改二も来る、そう信じて育成中です。どんな感じになるんでしょうか。


キノコの話題。



流石にこのまま時系列でまとめ続けていると忘れちゃいそうなので、直近の報告くらいはしてゆかねばならないかと思いましてですね。 地元では本格的にオイラセクチキムシタケのシーズン到来です。 地下生菌はそろそろ数を減らして行く時期ですので、2月くらいまではチョコチョコ探し回りたいですね。 それが過ぎれば春。アミガサタケやオオセミタケのシーズンが到来します。もう少し、もう少しですね。


絵の話題。



とある方から「もっと地下生菌擬人化を」とのお言葉を頂きましたので描いております。 って言うか言われなくても描いてましたけどね!描かないわけないじゃないですか。 次回更新で投稿予定ですが、多分また写真整理で相当時間がかかると思います。


では擬人化絵完成と写真整理を目指して。頑張るぞ。



■一区切りはまだ見えず
[0:27 2018/01/18]
□Update...[Kinoko]更新 & [Stone]更新

まだまだ写真整理は続いていますよ。今回は凄い頑張りました。写真図鑑の掲載量を見て頂ければ分かるかと。 ただの地元フィールド散策だったのに何でこんなにたくさんの写真を撮ってたんだ俺は・・・。

ただそろそろペースアップしないと年末と新年のキノコ観察会の様子のオフレポがまた増えちゃいました。 ソレに合わせて描きたい絵も有るので何とか早く進めなくては・・・。 でも正直な話リアル生活がメッチャ多忙なのでまだまだ先は長そうです。 とりあえず2月まではバタバタして平日夜がまともに時間使えないだろうなぁ。


その観察会でチョコッと話題が出たので描き描き。そう言えば書籍とか擬人化ページではこの姿描いてないなぁと。 「Pseudotulostoma japonicum (コウボウフデ)」擬人化の「筆山 海空」ちゃんです。 彼女、基部のつぼに見立てた袈裟を着てるんですが、図鑑ではキノコの形状を表すために足元に落としています。 当然歩けませんので、普段はこんな感じですよって絵になります。

コウボウフデは地下生菌の話になるとやはり無視できない存在。 青系の胞子を持つツチダンゴと密接な関係が有るのではないかと言われています。 実際に幼菌は地下生子嚢菌類に酷似しており、胞子もツチダンゴのそれに良く似ています。 そんなキノコがなぜあんな感じで伸びるのか・・・謎ですね。


とりあえず今回は写真整理更新ですので、日記内容も最小限に。ただ鉱物写真もお気に入りを1種掲載しています。 ただ鉱物は少しお休みか、一回の掲載数を減らそうと思います。でないとキノコが終わらない!

---------------------------[拍手返信]---------------------------

>冬虫夏草を上手に掘ると、うなぎが食べられるんです……
>(違うそうじゃない) (はむこ さま)

ただウナギは絶滅の危機なので、しばらくは自重せねば・・・。





■Diary Log■

[2018]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2017]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2016]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2015]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2014]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2013]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2012]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2011]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2010]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2009]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2008]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2007]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2006]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  

過去ログ内のリンクはサイト改変やリンク先移動に伴い
リンクズレ、リンク先無しが多く見られます。ご注意下さい。



■Information■

遅スギル
リンクフリー 貼るも剥がすも貴方次第
バナーはココから選んで頂く事も可能です
TOPは『http://toolate.s7.coreserver.jp/』

■ Copyright(C) oso All rights reserved. ■

当サイト内の絵や写真等の無断使用を禁じます
違反した際は使用料を請求させて頂きます
使用を希望される場合はメールにてご連絡下さい