aty


誰が何と言おうと彼女はおばさん


□■menu■□

 ............... 自己紹介、サイト概要、連絡先等
 ............... リンクサイト、ブログ様

 ............... oso的キノコ写真図鑑
 ............... oso的キノコ擬人化図鑑

 ............... oso's Mineral Collection
 ............... 実況動画、東方リプレイ、Minecraftデータ

 ............... (外部) 廃屋写真ブログ「遅スギタ」
 ............... (外部) osoのpixivページ
 ............... (外部) osoのtwitter
 ............... Web拍手、コメント送信


□■gallery■□



■pixel■
blank blank blank blank blank blank トリックアート (フラン) 箱ドット・ヴィロサ 怨霊も恐れ怯む少女 MY FAVORITE MUGEN CATALOG (100) 聖 白蓮 白黒スタイリッシュ
西行寺 幽々子 博麗 霊夢 古明地 こいし 鍵山 雛 四季映姫・ヤマザナドゥ & 小野塚 小町 Trick Art =Hong Meirin= メデューサとクロナ FAMILY MUSIC DTB Clitocybe acromelalga Pixel Amanita volvata Pixel Amanita fuliginea Pixel Amanita verna Pixel
Amanita phalloides Pixel Amanita virosa Pixel STREET FAMILY MUSIC GULLEN LAGANN 電子レンジと犬 アヌビス & ファラオさん 百目さん マルチアーノ 2007カレンダー ローゼン3 筆箱四天王 FAMILY MUSIC ROZEN MAIDEN ピャ!
■color■
blank blank blank blank blank blank blank blank blank blank 深海の令嬢 Balaeniceps rex
Air Defense Princess 煉獄の蝶 着物姿の似合うお艦 アホウドリの楽園 陸姫姉妹+α 空母ヲ級 Amanita phalloides 山鳥 眞白 |/<>1_[|->_ 「円蛇の篇 - 蛇祖」と「LEVIATHAN」 Ovis aries 天帝絶の貴重な産卵後
ハマクサギタマゴタケ擬人化 Amethysta 鬼ミノリコ 憲兵番長 FOW(ボロボロの霊となった女性) 神速の天帝 Evchaea evolutio Ninnniku 二ッ岩 マミゾウ Amanita fuliginea ギザ歯 INFINITY MIZUCHINION MUGEN脳内夢の集合絵
看板 風見 幽香 Amanita muscaria 勇魚 DDBY 秘封物語 地獄極楽メルトダウン Aura 2nd Revival Arcana X. V. Tearbloom Papaver somniferum ANOTHER BLOOD 封獣 ぬえ 霊烏路 空
X'mas virosa おぽんぽんもみもみ Omphalotus guepiniformis 松林 初 TH11 Phantasm 『Kawashiro Mitori』 東方星蓮船 〜 Undefined Fantastic Object. タオカカ Gustab Munchausen Amanita fuliginea Hongo Aura (MUGEN) UTSUHO REIUZI (HARD) オゾいさん
地獄の人工太陽+ボカシ 地獄のラブリービジター Fire! Amanita pantherina JOKER 星熊 勇儀 Patchouli Knowledge 水楢 舞 伊吹 萃香 犬走 椛 夏文 オリ
Amanita一族(猛毒群+α) Amanita fuliginea Hongo COLORFUL VISTA 黄色 Amanita volvata バナー達 ヤバいさん(SD) Mr.Phantom 歴代TOP絵 ふたばカッ ※ローゼンですが無害です 水銀燈
■analogue■
blank blank blank blank blank blank blank blank 西行寺 幽々子 (仏事用) 古明地 こいし 山坂と湖の権化 そーなのかー
■monochro■
blank blank blank blank そしてコタツで丸くなる 看詰2の静峰月夜嬢 MOJI KOISHI 神出鬼没の怪人 ティキ 藤原 妹紅 銀 禁魔法律家 トーマス サイト初投稿絵

■pixiv■



■Announce■

重大告知!!!
前作、書籍版「oso的キノコ擬人化図鑑」に続き
増補改訂「新版 oso的キノコ擬人化図鑑」を
双葉社様より出版させて頂く事になりました。
全国書店他、ネットでも注文可能です。

双葉様 本紹介ページ (取扱店舗リンク集有)
Amazon様 通販ページ


■「Force of Will」に1枚描かせて頂きました。
http://fow-tcg.com/

■「よくわかる日本のキノコ図鑑」に写真提供させて頂きました。
□ユニバーサル・パブリシング(株)様 http://www.u-publishing.com/
Amazon様 通販ページ

C24aLAL制作委員会」様、例大祭新譜ジャケ絵を描かせて頂きました。
http://www.l-a-l.net/
東方風神録アレンジアルバム後編「円蛇の篇 - 蛇祖」- 西方風来


■Diary■

■八丈島遠征(前半)
[21:51 2017/08/04]
□Update...[Kinoko]更新 & [Personification]更新

今回から記事の雰囲気が違うと思います。 今回から読みづらいと言う事で改行を無くしました。 実は今まで読みやすさを考えて同じくらいの長さで文章を切っていたんですよね。 ただこれだと書きたい文章が書けないので、今回からこんな感じにしたいと思っています。

では本題。

ガガンボさんのブロマガで記事がスタートしたのでコチラも追いかけますよー。 実は6月中にコッソリと大規模なキノコ遠征を遂行してきたんですよね。

それは・・・。

八丈島菌類遠征!!!

上の太字を見て「八丈島なら昨年行ったじゃん」とお思いの方も居られるでしょうね。 ええ、確かに行きました。でも色々とやり残した事が多かったんですよ。 と言う事で今年も再度お邪魔する運びとなった次第です。参加メンバーは敬称略で・・・。

oso (2回目)
ガガンボ (2回目)
木下 (初)
アメジストの詐欺師 (初)

何か選挙結果みたいですが、人数は昨年と同じで半分入れ替えのこの4人。 特にアメジストの詐欺師(以下アメさん)は今回が初キノコオフで全員初対面です。 昨年行きたいとtwitterで仰っていたのでとっ捕まえてきました方ですので。



動画投稿はしていますが、サイトが初見の方は先に記事をお読み下さい。


0日目。

全便欠航決定。

絶望的なアナウンスを羽田行きの電車の中でガガンボさんから受け取りました。 確かに天気予報にその前兆は有ったんですが、まさかマジで飛行機飛ばないとは思いませんでした。 現地羽田にはすでにガガさんとアメさんが到着していました。 これはもう遠征断念か・・・?いや、そんなワケには行きません。 この日のためにどれだけ計画を練ったことか! 現地のガガさんと連絡を取り合い、何とか振り替えできないか模索します。

そして運良く翌日昼の便への変更ができました! もちろん明日飛ぶ保証も無いワケですが、天気予報的には明日なら行けそうです。 その後の流れで現地のお二人は国立科学博物館へ見学に行くとのこと。 私も地元でブラブラしていてもしかたがないので、現地のお二人と合流することにしました。 木下さんからは「比較的近いので一旦家に戻り、翌日出直す」との連絡が。 では私はガガさんアメさんと共に東京観光でもしますかね♪




新幹線止まった。

言い忘れていましたが自分、MUGENオフでもその持って産まれた雨男の才能を遺憾なく発揮しました。 まさかここまで自分の異能が優れたものだとは思っていませんでしたよ。 結局東京に着いた頃には少し早いとは言え夕飯時。 さっさと休みたい私は合流したお二人に無理を言って早めの夕飯を食べます。 その後ネカフェ泊のお二人と別れ、ゆっくり休むためにビジネスホテルの空きを探します。

へぇ。

本、ホントに有るんだ・・・。

ホテルは快適でした。この手のホテルは何度か泊まっていますが、寝心地はかなり良かったです。 これは今後どうしても泊まらねばならない事態になった時の候補に入れておこう。 オヤスミナサイ。


1日目。

駅にてガガさんアメさんと合流。ガガさんは漫画にハマってしまってあまり寝てないようです。 寝ることには自信が有るアメさんは特に問題ないみたいです。 木下さんとは空港で合流することになったので、3人で先に羽田空港に向かう事にしました。



やって来ました一年振りの羽田空港!本当は前日に来ていたはずだって悲しい過去は忘れました。 荷物を預けて待っていると木下さん無事合流。結構ギリギリだったみたいです。 木下さんも荷物を預けてここで昼食。昨年はマ●ドナルドのハンバーガーでしたっけね。 ガガさんはその時の悲しい記憶が蘇ったのか「ハンバーガーが食いたい」と大騒ぎ。 じゃあそうしようと4人で店に向かいますが、着いてみると大混雑。 時間を見ると地味に余裕が無いので、諦めて丼の店にしました。大当たりでしたけど。



天気は無事味方をしてくれたようです。

やって来ました八丈島!空港に着くと見覚えの有る方が・・・。 そう、昨年も島を案内して下さった大場3号さんとしょうどんさん!お久し振りです! 厚かましくも今回もお世話になります。 挨拶を済ませてから宿泊施設にて待ち合わせの約束をし、まずレンタカー屋さんに連絡します。 空港まで迎えに来て頂き、今回の旅で行動を共にするレンタカーとご対面です。

昨年乗った赤い軽自動車がすぐ隣に居ました。

坂も登らず、冷房も効かず、カーナビは勝手に頭を垂れてくると言う凄い車でした。 「故に侘助」とか冗談言ってましたが、今回は別の車になりました。 その車、数日前までとある自然屋さんが乗っていたのはtwitterで知っていました。世間狭いなぁ。 まぁ今回の車もカーナビに関しては中々のモノをお持ちだったんですけどね。 車に荷物を載せて今回の宿泊地「ロッジオーシャン」へと向かいます。



宿は凄く良かったです。メッチャ綺麗です。昨年は・・・まぁ多くは語るまい。 強いて言うなら室内にヤモリが毎晩現れるお部屋でした。 あまりの部屋の綺麗さに、私とガガさんは感動でうち震えましたね。 荷物を置いた後、大場さんしょうどんさんと宿の前で合流し、まず最初のポイントへ向かいます。 一年経っても覚えているモノで、見覚えの有る場所に到着しました。そこには・・・。



居ました!私のある意味一番の目標だったヤブニッケイもち病菌さんです! 今年に入って小笠原諸島母島でも発見されましたが、今まで八丈島固有種だった植物寄生菌類です。 見ようと思ったら梅雨のこの時期に八丈島か小笠原諸島を訪れるしか有りません。

実は昨年9月に訪れた際も見てはいるのですが、その時はもはや残骸と化していました。 植物寄生菌類の旬は基本的に梅雨。流石に9月は時期外れも良いトコだったのです。

しかし・・・白い。聞けば八丈島ですらしばらく雨が降っていなかったとのこと。 そのため発生を焦ったのか今年は老成が早まってしまっていたようです。 周囲を探すもちょうど良い感じの菌えいが見当たりません。 諦めかけていたその時、ガガさんがファインプレーを見せます。



これは綺麗!素晴らしい状態です。コレ!これを見たかったのです! 夢中でシャッターを切ります。あぁ〜萌える〜♪記録用に実況動画の撮影も同時に行いました。

と、ここで断面を撮影していたガガさんが妙なことを言い出しました。

「これ・・・食えるのかな・・・?」

これ別に狂気ではありません。フォローしておきますが理由が有ります。 今は別属になっていますが「もち病菌」と呼ばれる物は複数あります。 代表的なのはサツキもち病菌サザンカもち病菌です。 前者は梅雨時に街路樹や庭木で植わっているサツキの葉がプクッと膨らんでいるもの。 後者や前者よりややレアですが、ツバキの葉が肥大したものなどは可食との話も。 それを知っているだけに好奇心が抑えられなかったのでしょう。 その場に居た4人も決心して内部を口に入れて噛み潰してみました。



「 渋 っ !!! 」

本来ヤブニッケイはニッケイ(シナモン)の名を持つだけ有って枝葉に芳香が有ります。 実際に後で新芽を噛んでみましたが、口直しと言って良いレベルの風味でした。 ですがヤブニッケイもち病菌の菌えいの渋さは想像を絶するモノでした。 まだコレならニガクリタケの方が口に含んでいられるでしょうね。 ただしばらくするとごくわずかに良い風味がする気がしました。気のせいかもですけど。

ちなみに大場さんしょうどんさんも試食。悶ておられました

でも考えてみればヤブニッケイもち病菌の「味」を知っているのって世界中でウチらくらいのものじゃないでしょうか? もしかすると凄く貴重な経験をしたのかも知れません。価値が有るかは別として。


とここで時計を見ると15:30。結構良い時間です。もうあまり本格的な探索はできません。 そこで現地のお二人に短時間で回れるフィールドをお聞きすると、一つ思い当たる場所が有るとのこと。 もうそこしか無い!と言うことで入り口まで案内して頂き、一旦お別れとなりました。

着いた場所は沢筋の遊歩道。良い感じに湿り気が有り、冬虫夏草的にはかなり良さそうな場所です。 天気も下り坂なので一刻も早く探さねば・・・!そう思い歩きはじめて数分の出来事。



・・・ん?

黄色いキノコ。最初はナギナタタケ系かと思いました。 しかし違和感をおぼえてルーペで見てみると、表面には子嚢殻がビッシリ。冬虫夏草だ! 追いかけてきたガガさんもすぐ近くで別の個体を発見。二人で手分けして掘ることにしました。 木下さんとアメさんは近くに同じ冬虫夏草が居ないかを引き続き捜索することに。 しかし掘る準備をしながら私とガガさんは同種の嫌な予感を抱いていました。

「これ・・・マヤサンエツキムシタケじゃね?」



それを聞いたガガさんの「分かってても言わないでよ」的なリアクションが忘れられません。 と言うのもこのマヤサンエツキムシタケ、地上生冬虫夏草の中でも掘り取り難易度最高クラスなんです。 本種に比べればツブノセミタケの深さ20cmなど東方で言うトコロのEasyモードでしょう。 何がヤバイって地下部がカビみたいな菌糸であり、ギロチンの温床なのです。 ある程度経験の有る虫草屋ですら、掘れるかどうかは「運」と言っちゃうレベル。 特に初見の私と違いガガさんは有り得ないようなギロチンのトラウマが有ります。

その後お二人の追加捜索でも発見はできず、見付かったのはこの2つのみ。 日没まで残された時間はあとわずか。何で冬虫夏草にこんなに追い込まれてるのウチら。

結果は・・・。

ガガさんはギロチンしてしまいましたが、私は何とか掘れました。一部切れましたが。 しかし私の場合は周囲を太い切断不可能な根に囲まれていたため諦めて一気に掘ったのが運良く成功しただけ。 とてもではありませんが断面作成などやる余裕が有りませんでした。 それもガガさんもキッチリ宿主は掘り当てていました。これは・・・キツい・・・。 ちなみにマジでイッパイイッパイだったので実況動画録り忘れてますからね。

雨。

大雨です。この中での探索はかなりキツい。マヤサンのポイントを後にして奥に進みます。 しかし薄暗い森の中で濡れた地面はキノコ探しには不向きな環境です。しばらくは何も見付かりません。

ですが尾根筋に出た頃に足元の遊歩道上に見慣れた姿を発見。ツブノセミタケだ!
しかもかなりの発生量。「ツブセミロード」と呼ぶに相応しい発生量です。 冬虫夏草に見慣れた4人でもこれだけ出ていると流石にテンション上がってきた! 丁寧に探して行くとヤクシマセミタケの幼菌もポツポツ出ているようです。 この場所、セミ生冬虫夏草的にはかなり優秀な場所みたいですね。 私とガガさんは木下さんとアメさんにツブセミを掘るように提案。悪魔である。 そんなことをしながら観察していると、ツブセミに混じって何か雰囲気が違うヤツが居る事に気付きました。



これは・・・ヤクシマセミタケじゃない・・・エニワセミタケだ! 昨年はヤクシマの奇形と見間違いましたが、今回はこの色を見て確信。 そして掘ってみるとやや菌糸に覆われた宿主。全く菌糸に覆われないヤクシマとはやはり違います。 断面作成を行いましたが残念ながら大雨と暗さで綺麗に仕上げられませんでした。

とここで時間切れ。当然ながらツブノセミタケを掘る時間は有りませんでした。 急ぎ記録用に実況を撮影し、帰路につきます。服は雨と汗でぐっしょりなので当然着替えました。 部屋に濡れた服を干して夕食のお店へと向かいます。そう、あの場所です。



と言う事で地元のお二人よりもひと足早く居酒屋「通(みち)」さんへお邪魔しました。 降り止まぬ雨の中である程度注文しつつお二人を待ちます。 その後しばらくして大場さんとしょうどんさんも無事合流し、まったりした時間を過ごしました。 お酒の飲める木下さんは無理やり飲まされたり、アメさんが明日葉ジュースにハマったり。 ガガさん凄まじい量のかきあげを食べたり、私は大場さんに書籍へのサインを依頼されたり。 話し上手のしょうどんさんのどこまで信じて良いか分からない話を聞いたり。 店の看板猫(?)に冷めた目で見られながら八丈島1日目の夜は更けてゆきましたとさ・・・。



超楽しかったです。

ところで、しょうどんさんのお話はどこまでが事実だったのでしょうか・・・。


2日目。

おはようございます。八丈島遠征、2日目に突入しました。

今日が実質本番です。1日遅れたので終日探索できるのは今日だけですからね。 早朝から起き出し、まずは食堂で朝ごはん。これを食べられるのは本当にありがたいですね。 昨年はスーパーが開くのを待って惣菜パン食べてましたが。手作り感有る朝食はやはり良いものです。 食事を済ませたら早々に支度をしてフィールドへと向かいます。

今回は昨年の遠征で訪れたとある場所を記憶を頼りに探します。 今回のカーナビは頭を垂れるどころか根本から外れて落下するので違う意味で気を遣いますね。 幸いにも記憶ってのは中々優秀で、見覚えの有る斜面に到着しました。 ここは昨年Hibagonさんがとある冬虫夏草を発見した場所です。 昨年は9月だったので流石にまだ無いか、とあまり期待せずに地面を眺めていると・・・。



ヤクシマセミタケ居るし!しかも未熟とは言え結実部の形成が始まっています。 9月が最盛期のハズで、以前の調査月表でも6月はまだギリギリ発生時期ではなかったような。 何にせよ美しい子実体が見れたのは幸運でした。幼菌も近くに居ましたからね。

とここでガガさんが意外なモノを発見。



あれ?何でオマエここに居るの?京都など関西で良く見られるヒメクチキタンポタケです。 居るとは聞いていましたが、まさか見付かるとは。しかも細い落枝から発生しています。 自分も以前京都のフィールドで見たっきりだったのでこれは羨ましい発見です。

その後木下さんもアメさんもヤクシマセミタケを次々と発見! 昨年は気付きませんでしたが、今回の探索でかなり広い範囲に発生していることが分かりました。 お二人は初見と言うことで断面作成と掘り取りにチャレンジ! その間、私とガガさんは周囲を探索することにしました。

とここで湿った斜面を眺めていると妙な白い菌糸を発見。 何気なしに掘り起こしてみると、そこには驚くべき光景が広がっていました。



シ、シロタマゴクチキムシタケ!!!

実は本種、昨年の八丈島冬虫夏草遠征の優先項目でした。まさか見付かるとは! 本種は何とヤスデ類の卵塊を宿主とする、宿主が成虫でも幼虫でも地下生菌でもないと言う冬虫夏草の異端児。 朽ち木やガクアジサイの幹から出ると聞いていましたが、見付かったのは普通の土の斜面でした。 しかし時期が早かったのか子実体の形成は始まっておらず、子嚢殻は観察できませんでした。

さらに貴重な発見は続く。

ガガンボさんが「クワガタ!」と声を発します。 見に行ってみると向こうからアメさんが満面の笑みで走ってきました。 聞けば彼、仲間に虫屋さんが居り、色々と情報を得て染まってしまっているとの事。 珍しい虫も飼育しているらしいですからね。で、そんなアメさんが興奮するのには理由が有るんです。



何と今回見付かったこのクワガタ、何と八丈島固有種のハチジョウノコギリクワガタだったんです。 ほとんど飛ばず、何食ってるかも分からないのでトラップが意味を成しません。 しかも夜行性と言うワリに昼間も普通に行動し、出会えるかどうかは運次第と言う困り者。 ひょっとするとここまで見付けたどのキノコよりも珍しいんじゃないかってレベル。 皆は大喜びでしたが、ガガさんはこの運をキノコに使いたかったようで、やや不満気味でしたね。



コチラはクワガタのすぐ近くに生えていたシマササバラン。 ユウコクランの伊豆諸島型変種で、緑の花弁が混じるのが特徴なんだそうです。



実況で木下さんが掘っていたヤクシマセミタケです。 無事全員がヤクシマセミタケの掘り取りに成功したので、ここで午前の部は終了。 実況動画前半もここまでになっています。ここからお昼ごはんを食べて午後の部となります。 ちなみにお昼は車の近くでパンやおにぎりをムシャりました。一仕事した後だと美味しさ倍増。 ではどろんこさんに頼まれていたとある冬虫夏草を探すとしますかね!

後編に続く・・・。


追記。



去り際に地上生のヒメクチキタンポタケ見付けました。一瞬エニワだと思いました。 紛らわしい形してるのは勘弁してももらえないですかね・・・?


て事で絵も有るよ!



115人目のキノコ擬人化娘は久々の植物寄生菌類!

「Laurobasidium hachijoense (ヤブニッケイもち病菌)」擬人化の「餅藪 肉桂」嬢です。 本菌を見た暁には絶対に擬人化して掲載しようと決めていた娘です。やっとご紹介できました。 皮膚に角状の突起ができる特異体質の持ち主。外見に八丈島らしさを取り入れたかったので黄八丈をダイレクトマーケティング! ナシ赤星病菌と同じく植物寄生菌類らしいねちっこい雰囲気も持っています。 体質や性格は実際にこの身で経験した八丈島での思い出を盛り込んでみました。

宜しくお願い致します!

---------------------------[拍手返信]---------------------------

>窶敖焦スティ
文字化けかな?とりあえずありがとうございます!

>ヤブニッケイと仲良しのあの娘…に一票♪ (イグチーK さま)
これは問題にすらなっていませんでしたね・・・ヤブニッケイもち病菌です。
昨年見てはいたのですが、あれを見ただけでは擬人化できませんでした。



■京都MUGENオフ
[21:00 2017/07/21]
□Update...[Kinoko]更新

今回はキノコ全然関係無いです。久々にやってきました。

MUGENオフ!!!

・・・とは言ったものの、ただ飯食って酒飲んで騒ぐだけなんですけどねー。
しかもほぼ全員現在はMUGEN関係から遠ざかってるのは気にしません。
今回は毎度正月オフやるたびに顔を合わしている毎度おなじみのメンバー。

Rayさん (MUGENストーリー動画製作者)
こしあんさん (MUGENMAD動画製作者)
むぅにえるさん (MUGENキャラ絵製作多数 絵師)
oso (私)

いつもは私の地元とかで騒ぐんですが、今回は場所が違います。



ここは「渡月橋」。そう、今回は京都オフなのです。やったぜイエー!
むぅにーがこの辺の観光に詳しいので暫定ガイドを受けてくれました。
しかし私は渋滞に捕まり遅刻。その間に朝っぱらから酒を飲むメンバー。
私が着いた頃には約2名が完全に出来上がり、1人は川の中へ・・・。

気温33℃。

凄まじく暑いです。さっさとメシを食っちゃおうと予定していたお店へ。
・・・と思ったけど時間的にまだ開いてないので売店で時間を潰します。
そこで試飲した梅昆布茶が超美味しかったんで早速購入しました。

とここで良い感じに時間が潰せたのでお店の方へと移動しました。
ちなみにこっから清々しいまでのダイレクトマーケティングですよ。



まず最初の目的である十割そばを食べるため「豆腐料理 松ヶ枝」さんへ。
開店と同時に入ったのが良かった。その後行列が・・・危なかったです。
十割そばは非常にコシが強く、まぁいかにも特定のお酒に合いそう。
案の定天ぷらと日本酒を頼み、ここでも飲み。これはヤバい感じだなー。
超正統派のお蕎麦って感じで美味しく頂きました。これは満足ですわ。
お店の雰囲気も良く、渡月橋からも近いので是非訪れてみて下さいな。

店を出る頃には行列が。セーフ・・・。

とここで近くにフクロウカフェ的な場所が有るとの情報が入ります。
フクロウ大好き人間としては是非とも見ておきたいので向かうことに。
着いたのは嵐山スクエアの2階に有る「嵐山フクロウの森」さん。
実はフクロウ好きなんですが近距離で見たのはペットショップ1回だけ。
しかも触るのは初めてと言う事で地味に緊張。結果を抜粋すると。



コノハ博士。



ミミちゃん助手。

やりたかった。正直やりたかった。スマン。

まぁワシミミズクは正確にはベンガルワシミミズクみたいですけどね。
ちなみにこの2羽は触れませんでしたが、その他のコらは触れました。
ヤバかったのがメンフクロウの触り心地です。マジでヤバかったです。
あとコキンメフクロウは流石に人懐っこいですね。飼いやすいのも納得。

ちょっと観光しようぜって事になったので竹林の小径へ向かいます。
途中寄った売店でアイスクリームを購入するとなんと自分で作るタイプ。
自分は上手く作れましたが、こっしーは現代アートみたいになってました。

また途中梅の専門店が有り、良い感じの商品が有ったので下見をします。
帰りに買って帰ろうと言う事で保留にして竹林の小径へと向かいます。

が。

逆方向でした。

酔ったガイドのむぅにーは「川と反対方向に〜」と坂を登って行く始末。
一番酔っていない宇治初心者のこっしーのガイドが一番正確でしたね。



と言う事でかの有名な「竹林の小径」へ。しかし人多すぎですぐ帰還。
良い場所なんですが好天と人の多さで全然雰囲気を味わえませんでした。
ココに関してはオフシーズンの小雨の時に来たほうが楽しいかもですね。

ここで車で移動して旅の2つ目の目的地へ。天気が悪いのが気になります。



京都の酒蔵「丹山酒造」さん。創業明治15年と言う老舗中の老舗です。
これは今回のメンバーの希望でした。みんなお酒大好きですからねー。
ですが何と今は運悪く改装中。見れる場所が減ってしまいました・・・。
しかし酒蔵前の建物に案内して頂き、ビデオを観ながら利き酒をします。



おのおのが好みに合ったお酒を見付けて無事お買上げとあいなりました。
お酒が好きな方は京都にお越しの際は立ち寄ってみては如何でしょうか?
ちなみにむぅにーは甘酒買って帰りました。ええ・・・それで良いの・・・?

ここで最後の目的地、京都の御食事処へ。

しかしここで問題発生。実は当初、川に張り出した屋外で食べる予定でした。
でも目的地に近付く頃には警報出てんじゃないかってくらいの大雨が!
Rayさんが店員さんに何度も聞くも、残念がら店内でのお食事となりました。

誰でしょうね?雨男は。



と言う事で訪れたのは「お食事処 山とみ」。コース料理を予約しました。
自分は「鴨川コース」。写真は当コース目玉である湯葉刺身。これぞ京都。
ここでとうとう酒スイッチが全員に入り大盛り上がり。メチャクチャでしたね。
ぶっちゃけ自分は覚えてるんですが、酷すぎるんで割愛させて頂きます。
凄く美味しかったです。ますます外で食べれなかった事が悔やまれる・・・。

大満足で店を出ると、そこには凄い光景が。



人、すごい。

それもそのはず、この日はあの京都祇園祭り。そりゃ人が多いわけだ。
行ってみようぜと最初は意気込んでいたものの、すぐに人混みに敗北。
どこか休憩できる場所は無いものかとしばし周辺をウロウロします。
すると京都マルイの上の方の階に喫茶店らしきものが見えます。
ここだって事で7階「住友不動産京都ビルFOOD HALL」へ向かいます。
後で知ったんですが、ココ何と今月12日にリニューアルしたばかりでした。
飲み会で無茶したので「十彩×TANITA CAFE」で健康的に・・・飲酒
まぁこのメンツ揃ったら酒しかないですからね。分かってますよ。ええ。
コーヒーが凄い味が濃くて美味しかったです。これは一飲の価値有り。

そんなこんなで無事オフ会は終了。お開きとなりました。

お疲れ様でした!!!

さぁ、次はどこかな?




絵が無いと流石に寂しいですね。さて何の擬人化なんでしょうね?
ここからは遠征が続くので体力と財力を温存しておかなくては・・・。

---------------------------[拍手返信]---------------------------

拍手コメントですが、特定の方への返信は控えたいと思います。
途切れない会話のやり取りと個人的な報告への返信は負担です。
本来は紹介したい艦これのキャプもあえて貼っていない状況です。
サイト更新時の障害にまでなってきています。申し訳ありません。
Web拍手はコミュニケーションツールではありません。
その点をご理解頂けますよう、よろしくお願いします。 管理人 oso

■地元冬虫夏草オフ
[22:26 2017/07/14]
□Update...[Kinoko]更新 & [Other]更新

どうもブナ林帯冬虫夏草オフの実況動画はお蔵入りになりそうです・・・。
色んな意味での不適切な発現が多かったのと、純粋にグダグダでして。
常時録画ではないので収穫が多すぎると本当にとりとめがないですね。

でももし編集で何とかなりそうなら投稿するかもです。


と言いつつ。



実況動画だー!!!

と言う事で今回はどろんこさんと木下さんを私の地元にお招きしました。
目的は昨年から約束していたとある冬虫夏草をご案内するためです。
当初はどろっさんだけの予定でしたが、木下さんも都合が合いました。
ただ道中見れる可能性が有るものは幾つか立ち寄って探すと言う段取り。

10:00に無事全員合流し、まず最初のポイント、セミタケ狙いです。
どろんこさんがずっと見たがっていた冬虫夏草なのですが、空振り。
クモタケが姿を消してしばらくしてから出てくる印象が有る種です。
しかしまだクモタケが出ていた上に、キノコ全般の遅れが本種にも。
1時間ほど炎天下を探しましたが、徒労に終わってしまいました・・・。

幸先が悪い。

昼飯をビニ弁で簡単に済ませて次のフィールドへ。

ここは昨年私がとある冬虫夏草を見付けたマツの倒木が多い場所です。
下見段階で感染した宿主は見付けていましたが、子実体は確認できず。
目の数で見付けられないかと期待を抱いて案内したフィールドでした。
しかし3人がかりで探すも見当たらず。ここも空振りに終わるのか。

しかしここで木下さんが幼菌を発見!しかし結実部はまだ有りません。
近くに無いか?と材の反対側に回った時、そこには待ち望んだ姿が!



有った!シュイロクチキタンポタケ!結実部がちゃんと出来ています!
どろんこさん大興奮。初見でかなり好きな種になってしまった模様。
撮影に力が入り、私と木下さんがそれぞれフラッシュを持ったりしました。
ここでのMVPは間違いなく木下さん。他にも数株発見してしまいました。
未熟個体が幾つか見付かったので現地に残して私が定点観察する事に。
ちなみに宿主は材中に住むゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫みたいです。

とここでかなり時間を使ってしまいました。まぁ仕方無いですね。

調子乗ってコロモコメツキムシタケの坪に寄るもここは空振り。

時間がヤバい。

3ヶ所目に着いた頃にはタイムリミットの16時まであと1時間でした。
本当はもう1ヶ所行きたかったんですが、確実に間に合いませんね。
しかしここは私が何度も事前に下見していたので外すハズ有りません。



出ました地上生冬虫夏草の最難関クラス、ハマキムシイトハリタケです。
昨年発見したこの場所はアセビの木の周囲にかなりの発生が見られます。
宿主は極めて小さなガの幼虫で、地表の浅い場所の土繭から発生します。
ただ胞子がやや小さいようで、全くの同種かは若干怪しいみたいですが。



中にはこのようにヒノキの球果内の宿主から3本ものストローマが・・・。
基本的に宿主1匹につき1本のストローマを出すので珍しい発生状態です。

どろんこさんは撮影と断面作成に集中。木下さん見付けられず超焦る。
その後無事見付かるもどろんこさんがツブノセミタケを掘れと無茶振り。
時間的に間に合うワケもなく、ここでタイムリミット!下山となりました。

駅でどろんこさんはお土産を買ってお別れ。木下さんと私は豪華なディナー。
月末に大規模オフの予定なので、その時はどろっさんにも堪能してもらおう。



お二人ともお疲れ様でした!!!


7月8月はキノコ関係で大暴れ予定です。思いっ切り遠征組みまくりますよ!
冬虫夏草だけではなく今年は普通のキノコもガンガン探して撮る予定です。
ただ現状とんでもないくらいキノコ写真が貯まってるのが気がかりですが。


あ、そう言えば。



余談ですがハマキムシイトハリタケは乾燥標本に。フィリーズドライすげぇ。
宿主が全然縮みませんでした。小型種だと効果てきめんみたいですね。

---------------------------[拍手返信]---------------------------

>コガネムシタンポタケが豊作で良かったですね、
>羨ましいです。今年は折れてハエに喰われた一つのみでした。
>しかしK・Yさんに案内して頂いた坪にて新種候補の
>メタリジウムが見つかり、追培養中ですが、どうなる事やら。
>来週はどろんこさんを関東に引き寄せますが、
>どろんこさんを満足させることができるのでしょうか?
>
>夏イベ告知来ましたね。大規模作戦は初めてですが、
>何よりも虫草との両立が難しいということがネックです… (油蝉 さま)

コガタンは普通種なれどずっと見たかった種。こでも不作だったそうですが。
今年は虫草に限らずキノコ全般が不作な印象です。地域性も有るでしょうが。
どろんこさんを満足させるには未見の種を出すのが一番かと。今回みたいに。





■Diary Log■

[2017]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2016]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2015]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2014]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2013]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2012]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2011]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2010]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2009]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2008]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2007]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  
[2006]       01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12  

過去ログ内のリンクはサイト改変やリンク先移動に伴い
リンクズレ、リンク先無しが多く見られます。ご注意下さい。



■Information■

遅スギル
リンクフリー 貼るも剥がすも貴方次第
バナーはココから選んで頂く事も可能です
TOPは『http://toolate.s7.coreserver.jp/』

■ Copyright(C) oso All rights reserved. ■

当サイト内の絵や写真等の無断使用を禁じます
違反した際は使用料を請求させて頂きます
使用を希望される場合はメールにてご連絡下さい